2007年12月26日

Truth and roses have thorns about them.

どうしても、自分で調べなければ納得できないので。
これから書く意見は、あくまで私の主観と自己満足だから、
読み物で呼んでくれれば幸いです。気を悪くさせたらごめん。



あの時はパニックになってしまったからわからなかったけれど、ふと思い出した時、某食事会で言われたことがどうしても心に刺さっていて。
シナリーの名前を出した時のスタッフの方の反応があまりに棘としてひっかかって…。

-----------------------------------------------------------

●「その商品の成分みてみた?」
○「パラベンだけだめ。」
●「あ〜それはだめだわ」
 「パラベンと、何かわからない草が入っているんでしょう?」
 「こっちのは100%安全なんだよ。」

-----------------------------------------------------------

さすがに、自分が信じて使っているものを見た訳でもないのに何の気もなく一蹴されると「あれ。。」と思うわけ…で。

この会話と、他に引っかかったのは、プレゼン内容の撮影禁止、売り上げが多い地域(本社地区で売り上げが少ないのは何故…)。
情報公開していけないものなのだろうか…よい話は積極的に展開するべきではないのかな…。

そんなこんなで、なぜかチェックモードに入ってしまった私。

いつもこの手の話題は、ネットでもごろごろしてて、読んでて何を信じていいかわからなくなるけれど…大概、荒らしのコメントがはいって、読むに耐えない記事になって問題がわからなくなったりして。



私の頭の中では、考えがよぎるんです。

パラベンを使うリスクと、天然系素材で腐敗を止めるリスク。
どっちが高いんだろうなって。
自分が理系の人間で、毎日認識率なんかを計算しているからなのかもしれないけれど、どうしても、"100%安全"を信じられないのです。"100%"達成の難しさは計り知れないですから。
それを言い切るだけの確証がなければ。
開発肯定を企業秘密で隠すのなら、せめてわかりやすく原理だけでも公開したほうがまだ安心できるけれど、驚くほどに情報が公開されていなさすぎなんです…。mixiでもコミュニティを消すほどの圧力がかかっていたはず。そこまでして隠す理由を疑ってしまう。

防腐の難しさについて、ちょっと勉強してみようと思います。
なんとなく知りたいので。
【関連する記事】
posted by SUZUME at 01:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年末はハメくり確定(笑)
Excerpt: とにくかくえろい人が多すぎ(笑) やっただけで34万もらえたりするし(笑)
Weblog: ずっこん!
Tracked: 2007-12-29 02:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。